市民の水を守る、名古屋水道労働組合
名水労の活動風景、直営を基本とする仕事

名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

仲間の声

  • 周りがベビーラッシュです。おめでとうございます。Y(西部管路)
  • 健康のため自転車通勤に切り替えました。通勤手当は現状維持をお願いしたい。H(企画経理)
  • コンセッションや民営化など組合新聞にわかりやすく書いてあり、勉強になります。M(配水)
  • 寒くて乾燥する時期なので保湿をしっかりしたいです。T(保全)
  • バスケはやっぱり楽しいです。M(配水)
  • 初任給上げるなら中高年にも少し配慮があればいいのですが・・・S(北部管路)
  • キッザニアが完成すると、営業所前の渋滞がますますひどくならないか心配です。U(港)
  • 名水労の組織集会に初めて参加させていただきました。討論会では、各職場の「もし、民営化になったら」という問題点などを討論しました。公営水道を守るため、団結してがんばろう。O(北)
  • 厚生会のフットサル大会に参加しました。職場の仲間と楽しくプレーできて、また参加したいと思いました。Y(配水)

組合員の写真

白鳥庭園

ウォーキングで白鳥庭園を訪れました。晴天の中きれいな景色を見られ、よい休憩になりました。K(植田)

           


 

『水はいのちです』販売のお知らせ

注文書は、ここをクリックして下さい。

国、水道事業は危機的な状況だとして、水道法「改正」をたくらみ「広域化」と「官民連携」を推進しようとしています…

水道事業の危機はなぜ起きたか?水道法「改正」のねらいは何か?

いままで「あたりまえだった」水道をはじめとする社会インフラについて、将来にわたって安定して経営するにはどうするかをみなさまとともに考える政策提言です。

新着情報

水のことなら何でもご相談下さい。名水労は、名古屋市役所西庁舎12階です。

Copyright © 2004-2019 , Meisuiro , All Rights Reserved.