名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>オピニオン目次>春闘宣言

2015年国民春闘宣言

本日私たちは、名水労第114回臨時大会を開催し、「雇用・暮らし・地方自治守れ」、格差と貧困の是正、社会保障を拡充、平和・憲法を守り、すべての労働者・国民の声が生きる社会をめざし、たたかう方針を確認しました。

今春闘の前段では、市長の独りよがりの思い込みに対し、組合員一丸となった取り組みにより、人事委員会勧告に沿った給与改定を、年度内に実施させる成果をあげました。

そもそも、市長の見識がきちんとしていれば、こんな状況に陥らなかったはずです。名水労は、引き続き市政の転換に向けた運動を旺盛に展開していきます。

今年度、私たちが働く名古屋市上下水道局は給水100周年を迎えました。100年の歴史はそこで働く労働者の歴史でもあります。

全国では上下水道事業運営に新たな手法の導入が画策されていますが、わたしたち名水労は「命のみず」をマーケテイングの対象とするような動きに与せず、これからも住民のくらしに欠かせない「命のみず」を絶やすことなく送り届けるとともに、災害時にも、長い年月をかけ積み上げてきた知識と技能を、公務として発揮できる体制の構築に向け、組合員一丸となり取り組みをすすめましょう。

そして、公務員の総人件費抑制攻撃を許さず、直営力を発揮して安心・安全な公共サービス・上下水道事業を担っていけるよう今後も力を合わせましょう。

わたしたち名水労は、15春闘において、憲法を暮らしと地方自治にいかし、働くルールの確立、社会保障を充実させて、平和で安心してくらせるように奮闘します。

全ての組合員の参加で職場と地域から共同を広げ、多くの仲間を迎え入れ、広範な春闘となるように総力をあげて奮闘しましょう。

以上宣言します。

2015年2月27日:名古屋水道労働組合 第115回臨時大会

第114回名水労臨時大会

トップページ>オピニオン目次>春闘宣言

Copyright © 2004-2015 , Meisuiro , All Rights Reserved.