名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>オピニオン目次>年頭の挨拶

我々の世代で安易な妥協をせず

かつ将来のために大胆な転換を

2013年年頭の挨拶

中央執行委員長 渡辺泰

巳

組合員のみなさん、新年明けましておめでとうございます。「国防軍」を標榜するタカ派政権が復活しました。

「7拡」以来の課題である「机上・現場一体」体制について、見直すべき情勢と判断しています。全局的な執行体制の再構築をめざす新しい方針案を、臨時大会に提起する予定です。名水労2300の団結と英知が必要です。組合員の旺盛な討論をお願いします。

「行政の継続性」確保の名のもと、政権に左右されない体制を、国・地方問わず官僚組織は構築しようとしています。パフォーマンスに振り回されるのは懲り懲りですが、民主主義が死んでしまったら本末転倒です。市民の生命と権利に「応答責任」を持つのが私たち自治体労働者です。

「水と生命と仲間」がなければ、人は生きていけません。私たち名水労がそのゲートキーパー(門番)です。組合員の皆さんのご奮闘をお願いして、新年の挨拶とさせていただきます。

トップページ>オピニオン目次>年頭の挨拶

Copyright © 2004-2013 , Meisuiro , All Rights Reserved.