名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>女性職員が活躍できる職場環境

女性職員が活躍できる職場環境

西配水分会・瑞穂分会

上下水道局では、女性職員の割合が年々増え、10年前と比べると約100名増加しています。特に主事の約半数が女性となり、女性技師も増えています。

名水労としては女性職員が活躍できる職場作りを考えています。

女性組合員のみなさんに仕事や職場環境についてお聞きしました。

安心して働けることに感謝(西配水分会)

杉山さん

西配水分会のみなさん

西配水分会のみなさん

私が最初に配属された営業所では、女性主事は私だけ、育休制度ができたのも私が2年目の頃でした。

当時の育休制度は最長1年、人員的には休みやすい環境でしたが、女性が少なく取得している人が少ないため産休・育休取得を言い出しにくかったのですが、まわりの方の協力のおかげで、安心して1年取得できたので、とても感謝しています。

子育てに関して、制度がどんどん良くなってきていると思います。ただ、これからは介護に不安を持っている方も多いと思います。

子育てと違って、介護は先が見えないので、介護に係る制度が良くなることを願います。

秋田さん

私が統合前の下水道局に入局した当時、公所に女性が働ける環境がまだ整っておらず本庁勤務でした。それでも課では女性職員が私1人という状態でした。

ここ数年は、水処理事務所や管路センターにも女性職員が働きやすい環境が整いました。

公所で働く身としては、貸与被服はジャケットより作業服にしていただけるとありがたいです。

浅井さん

入局以来、水道↓下水道↓水道と異動しています。そのため、「水道も下水道も分かるよね」と言われると困惑してしまうこともあります。

経験年数は増えていくのに経験不足を感じますが、職場のみなさんに助けてもらいながら仕事を覚えています。

失敗して覚えることもありますが、今の職場環境を大切にしてもらえると、これから新規・異動してくる人たちも心強いと思います。

橋本さん

入局して1年ごとに係が変わるので、どの仕事も身に付かず終わってしまっている気がします。仕事への取り組み次第でもあるので反省していますが、担当が変わるのが早すぎて対応するのが難しいです。別の職場に異動することを考えると不安です。

制度では看護免や時間休などを取得することができ大変助かりました。

これまでの方たちが要求して実現してくれたおかげと感謝しています。

金田さん

1年目なのでまだまだ知らないことばかりですが、将来的には本庁や営業所など、色々な仕事をしたいと思っています。

管路センターでは技師や業務技師の方たちが近くにいてその仕事が見えるので、少しは現場の仕事を学ぶことができます。

別の職場に異動した時に、幅広く対応できる様になりたいです。

先輩方のような市民対応めざして(瑞穂分会)

村松さん

瑞穂分会のみなさん

瑞穂分会のみなさん

土木系の仕事は、一般企業だと女性が永く働ける環境にないので、永く働けそうな名古屋市を受けました。営業所での仕事は想像していた仕事とは少し違いましたが、水道の奥深さを痛感しています。

「水」の始めから終わりまでに関わる仕事なので、色々なことが経験できそうです。

上下水道局は女性が働きやすそうですし、営業所以外の職場も経験して、水道の仕事を少しでも極められたらと思います。

田中さん

2年目ですが市民の方からの問い合わせの状況がすぐに理解できずに苦労しています。

周りの先輩方の物腰の柔らかい電話対応に憧れますし、その説明に市民の方も分かりやすいだろうなと感じます。

先輩方のような市民対応ができる様になりたいです。

石川さん

新規で営業課に配属され、今年から瑞穂に異動してきました。営業所では、市民の方に理解してもらうことや、相手の感情があるという部分での難しさがあります。

以前は、教育関係の仕事をしたいと思っていましたが、今は水道の仕事が面白いです。

目の前の仕事をこなすことが精一杯ですが、もっと水道のことを勉強していきたいです。

トップページ>名水労ニュース目次>女性職員が活躍できる職場環境

Copyright © 2004-2019 , Meisuiro , All Rights Reserved.