名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>部長交渉

民間開放の流れに対抗するため

追求すべきは継続的採用と人材育成

名水労統一部長交渉

職場要求の実現、環境改善をめざし、今年も「名水労半休統一部長交渉」を8月3日に取り組み、各協議会・分会から110名が各部長をはじめとした管理職に直接交渉を行いました

各分会から意見持ち寄り部長と直接交渉

統一部長交渉

110名が参加

名水労半休統一部長交渉は、各部長と組合員が直接交渉する全国的にも例のない取り組みです。

開会にあたり、近藤夏樹委員長は、「全国的に国が広域化とコンセッションを進めている。目指しているのは民間開放。コンセッション導入事業体に共通しているのは、人材不足。名水労が追求すべきは継続的な新規採用と人材育成。それぞれの部門で交渉してほしい」と語り、水道業務協議長の溝口修さん(緑分会)と処理協議長の鈴木慶一さん(鳴海分会)が決意表明を行いました。決起集会後に各協議会に分散し、各部長はじめ局側と交渉し回答を受けました。

水道業務協議会議長:溝口さん(緑分会)

溝口さん(緑分会)

道業務協の要求は、老朽化した庁舎の建て替え要求はじめ多岐にわたる。その中でも人員要求が今回のメイン。

業務技師の早期の欠員補充を粘り強く求め、協働の充実も求めていく。

土木技師も業務量が多く、本来業務が時間外となり超勤が増加。協働が継続していかない問題も。技師の増員も強く訴えたい。

処理協議会議長:鈴木さん(鳴海分会)

鈴木さん(鳴海分会)

技能労務職の賃金削減提案が市労連では一定の解決となったが、30・40代は不安を抱えている。

更なる削減提案に備え、処理協では協働を進めている。今年から協働の舞台は伝馬町に。

委託が進む中でも、仲間の賃金・労働条件を守り、責任ある運転管理と保全体制を構築し、知恵を出して交渉していきたい。

将来体制構築めざし協働の推進を

本庁支部

「狭い・暑い」本庁職場の環境改善とスペース確保を

本庁支部交渉

水道業務協議会

安心して働くには、欠員補充・増員実現

水道業務協議会

下水業務協議会

下水医事係業務の見直し提案に申し入れ

下水業務協

配水協議会

災害時のためにタブレット端末の配備を

配水協議会

浄水協議会

協働体制充実のため技師の負担軽減を

浄水協議会

処理協議会

伝馬町での協働を発展させていくとの回答

処理協議会

建設計画協議会

ベテラン職員の配置と継続的な再用を

建設計画協議会

トップページ>名水労ニュース目次>部長交渉

Copyright © 2004-2017 , Meisuiro , All Rights Reserved.