名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>憲法施行70周年市民のつどい

憲法の三つの柱は日本の「宝」

憲法施行70周年市民のつどい<

愛知憲法会議が主催した「憲法施行70周年市民のつどい」が5月3日憲法記念日に名古屋国際会議場で開催され、2200名が参加して憲法について学びました。

講演:丹羽宇一郎さん

講演:丹羽宇一郎さん

第1部では「日本国憲法前文」「ヒロシマの有る国で」が代表曲のきたがわてつさんが熱唱し、第2部では「激動の世界の中‐国の行方を憂う」と題して、伊藤忠商事会長を務めた日中友好協会会長の丹羽宇一郎さんが講演し、「現行憲法は大きな病にかかることもなく、70年も存続できた。

その理由は文章の短さ(各国平均の4分の1)と「法律でこれを定める」という文言の多さにより、憲法の下に子や孫のような法律が作れる仕組みだったからではないか。

私は絶対に改正してはいけないとの立場ではないが、日本国憲法の三つの柱「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」だけは、日本の宝であり、決して変えてはいけない」と語りました。

共謀罪法案は国民から異を唱える権利を奪う

閉会あいさつした本秀紀事務局長(名古屋大学教授)は、「朝日新聞の世論調査では、現行憲法が日本にあって良かったと答えた割合は89%。安倍首相は機が熟したと言うが、国民の中には憲法の変えなければいけないところが全くわからない。

また、テロ等組織犯罪防止法案(共謀罪)では、一般人は対象にならないとしきりに国会答弁しているが、国民全体を捜査対象にしなければ判断できない。警察が運用すれば、最大限使って体制に異を唱える人々を監視し抑圧する。

また、見せしめ的に逮捕者が出れば、その効果は絶大で誰も異を唱えなくなる。まさに現行憲法の内心の自由や表現の自由を奪うものだ」と語りました。

憲法施行70周年市民のつどいに2200名

憲法施行70周年市民のつどいに2200名

トップページ>名水労ニュース目次>憲法施行70周年市民のつどい

Copyright © 2004-2017 , Meisuiro , All Rights Reserved.