名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>春闘中央行動

残業規制なのに「月100時間」容認!?

17国民春闘勝利!春闘中央行動

17国民春闘勝利!賃金の大幅引き上げ・底上げの実現、労働法制改悪反対を掲げて3月8日、東京・霞が関で春闘中央行動が行われ、名水労から2名が参加しました。

アベ「働き方改革」は雇用破壊

今春闘では大幅賃上げ、最低賃金引き上げはもちろんのこと、「働くルールの確立」による長時間労働規制が大きなテーマです。安倍政権の「働き方改革」では、労働者の期待を裏切る雇用破壊策が盛りだくさん。

働き方改革実現会議では、労使(経団連・連合)ともに上限「月平均60時間」を容認しており、さらに「残業繁忙月100時間で最終調整、近く合意」との報道がされる始末。

月80時間以上の残業は過労死水準です。上限規制と言いつつ過労死水準を法律で認めようとする安倍政権・経団連・連合は、労働者の命や健康は度外視していると言わざるを得ません。

残業を規制するなら現行制度(36協定)の徹底で十分のはず、それでも業務量が多いならば人員を増やすべきです。労働者の立場に立った規制を強く求めます。

トップページ>名水労ニュース目次>春闘中央行動

Copyright © 2004-2017 , Meisuiro , All Rights Reserved.