名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>木祖村スノーツアー

上下流交流を通じて「命の水」を

守る運動を継続していこう

名水労水源地交流事業「木祖村スノーツアー2017」

水源地への感謝と組織強化の一環として、今年で4年連続となる名水労水源地交流事業「木祖村スノーツアー2017」を2月11〜12日、やぶはら高原スキー場で開催し、水源地の住民との交流を行いました。

水源地への感謝と組織強化がテーマ

このツアーの目的は、名水労の次世代を担う若年層組合員に水源地の自治体との交流を通し、源流の森から下流域までのつながりの意義を共有してもらうことを第一義としながら、この企画に参加することで、組合員同士のつながりを体感してもらい、組織強化につなげていくことです。

今年は寒波と重なったことで両日とも最低気温がマイナス10度以下、雪もちらつき最高のゲレンデコンディションの中、職場や同期の仲間とスキー・スノーボードを楽しみました。

木祖村との交流会では、昨年も披露されたお祭りで行う獅子舞の演武や、木祖村在住の方々との交流で楽しいひと時を過ごしました。

職場ごとの交流はできていたようですが、全体としての交流には課題もあったため、執行部で議論し今後につなげていく予定です。

トップページ>名水労ニュース目次>木祖村スノーツアー

Copyright © 2004-2017 , Meisuiro , All Rights Reserved.