名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>自転車事故

一人一人がかけがえのない存在

意識高め自転車事故をなくそう

名水労では当局と共催で開催された「安全衛生学習会」の中で自転車運転の分科会を設け、最近増加している自転車による通勤災害について取り組んできました。

今回は自転車通勤で実際に事故に遭ってしまった名水労の太田書記に自転車の事故について語ってもらいました。

実際に事故が発生した交差点

実際に事故が発生した交差点

自転車は通勤時間の短縮や運動時間の有効活用ができお得な反面、リスクも多分にあります。自転車は法規上軽車両なので事故事例によっては過失割合も不利になる場合があり、対自動車の場合でも自転車側に高い過失割合となってしまう事故が増えています。

さらにもっと問題なのは身体のダメージが大きく、長期間の療養が必要になることです。ひとりひとりがかけがえのない存在です。

今後も事故に対する意識を高め事故防止につなげたいと思います。組合員の皆さんも自転車・自動車問わず、事故に注意して運転してください。

自治労連共済には交通共済もありますので、この機会いかがでしょうか?名水労までお問い合わせください。

トップページ>名水労ニュース目次>自転車事故

Copyright © 2004-2016 , Meisuiro , All Rights Reserved.