名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>市民のつどい

「憲法変えるな」の世論が多数派に

憲法施行69周年「市民のつどい」

憲法施行69周年を迎え、愛知憲法会議主催の「市民のつどい」が5月3日、名古屋市公会堂で開催され、会場収容人数を大幅に上回る2500名が参加しました。

青井教授の講演

「今、何が問われているか〜立憲主義・平和主義から考える〜」と題して講演した青井美帆教授(学習院大学)は、「第13条の幸福追求は人権の側に立つべき。人権と集団的自衛権行使による軍事的合理性とのたたかいだ。ドイツ・ワイマール憲法を停止させた「緊急事態条項」を日本につくらせてはいけない」と話しました。

憲法記念日を前に各メディアが行った憲法に関する意識調査では、安倍政権の乱暴な憲法破壊に国民が反発し、NHK・朝日新聞・読売新聞でも「憲法改正が必要」との回答が減少し、「必要ない」が逆転しました。

講演終了後、デモ行進

講演終了後、デモ行進を

トップページ>名水労ニュース目次>市民のつどい

Copyright © 2004-2016 , Meisuiro , All Rights Reserved.