名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>熊本地震

現場力発揮で被災地支援を

熊本地震災害救援隊を派遣

最大震度7の大地震が相次いで発生した熊本県へ、上下水道局は水道・下水道災害救援派遣隊を現地へ派遣し、被災地への支援活動を開始しました。

記憶に新しい東日本大震災や新潟中越沖地震等、これまでの災害派遣同様、名水労は上下水道事業に携わる公営企業労働組合として、被災地・被災住民への災害救援活動は責務と考えています。

職員の安全、労働条件の確保を前提とし、ライフラインの復旧に向け、組合員の持つ現場力を大いに発揮し支援活動を行うことに協力していきます。

水道応急給水隊のみなさん下水調査隊のみなさん

(右)水道応急給水隊のみなさん (左)下水調査隊のみなさん

当局へ以下のことについて確認を行いました。

@被災地での災害支援活動を担保するための職員の安全衛生の確保。(宿舎の確保や派遣期間の確認。隊長による的確な労働時間管理の徹底、情報提供の徹底等)

A災害救援活動の応援業務に係る労働条件の担保等。

また、分会を通じて「災害救援カンパ活動」を行っていきますので、組合員のみなさんのご協力をお願いします。

トップページ>名水労ニュース目次>熊本地震

Copyright © 2004-2016 , Meisuiro , All Rights Reserved.