名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>スノーツアー

上下流の交流を通じて

「生命の水」を守る運動を続けよう

名水労水源地交流事業 木祖村スノーツアー2015

2回目となる「水源地交流事業木祖村スノーツアー」を2月21〜22日に開催し、昨年よりも多い80名の組合員が参加しました。

天候にも恵まれ、参加者は水源地の森を育む雄大な自然の中、スキー・スノーボード、温泉などを満喫しました。

木祖村での歓迎行事では、昨年新たに村長となられた唐澤村長から「名古屋市を含め400万人もの下流市民の水源を守るため、水源林の整備などに取り組んでいる。

中でも名古屋市上下水道局とは労働組合も含め、長い間様々な交流をしてきた。今後もこの交流を続けていきたい」と歓迎のあいさつを受けました。

唐澤村長と談笑する参加者の皆さん木祖村の皆さんと実行委員(前列右から三人目が唐澤村長)

唐澤村長と談笑する参加者の皆さん・木祖村の皆さんと実行委員(前列右から三人目が唐澤村長)

名水労では、今後もスノーツアーに限らず、キャンプなどの家族企画も含め、木祖村をはじめとした水源地と組合員との交流企画を通して「生命の水を守る」取り組みを検討していきます。

快晴のもと参加者全員で記念写真

快晴のもと参加者全員で記念写真

ゲレンデでグループ写真

トップページ>名水労ニュース目次>スノーツアー

Copyright © 2004-2015 , Meisuiro , All Rights Reserved.