名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>女性組合員

女性が働き続けられる職場をめざして

若手女性組合員座談会

上下水道局では職員全体に占める女性の割合が年々増加し、現在272名。5年前から50名増加しました。

働き始めて、「感じること、これからやりたいこと」を女性組合員のみなさんに思いを語って頂きました。

女性職員の年齢別構成比職種別の構成比

上下水道局女性職員の年齢(左)・職種別(右)の構成(2014年度現在)

なぜ公務員に?上下水道の職場ってどんな感じ?

SAさん

女性座談会

座談会に協力いただいた皆さん

安全衛生課で健康管理を担当しています。もともと白バイ隊員になりたかったのですが、実技試験で50m走を8秒で走らなければ受からないと言われ、親も反対していたこともあり、諦めて市職員に。

安全衛生課は女性の割合が高い職場です。上下水は子どもを産んでも働き続けられる、とても良い職場だと思います。

MRさん

配水課で予算事務を担当しています。警察官を目指して専門学校に通っていましたが、縁あって名古屋市に入りました。

上下水道局は男性の多い職場ですが、配水課は女性の比率が高く、頼りになる先輩がたくさんいて心強いです。

MMさん

水道の設計業務を担当しています。公務員を目指した動機は、民間の土木技師は全国転勤が当たり前。就職段階で結婚予定だったため、異動のない市職員を選びました。

水道局採用とは思わなかったが、採用が多いと聞いていました。職場には女性技師としては多く6名います。育休を取得する方も多く、理解のある職場だと思います。

HTさん

中営業所で新規3年目。約40名中女性が7名です。現在は営業事務から庶務に変わりました。

民間で働いた経験を持っています。女性の多い金融関係の職場でしたが、残業は当たり前、結婚したら辞める人も多く、男性とは最初から職種も違いました。配属先が水道と聞き、びっくりしました。

BYさん

新規1年目で未納徴収業務をしています。

職場は女性が9名で仲が良く仕事しやすい環境です。民間でやりたいことが見つからず、いろんな仕事がしたかったため公務員を選びました。

KYさん

新規1年目で同じく未納徴収業務です。緑には同期3名が女性で心強いです。

定年まで働き続けたいと思っていたため、公務員を志望しました。

しかも名古屋市職員に一番なりたかったので良かったです。両親も共働きで、私もそれを見て育ったのでずっと働き続けたいと思います。

NMさん

緑で設計業務を担当しています。女性の技師は1人だけですが、働きやすい環境で楽しく過ごせています。

名古屋市出身のため、ずっと働き続けられる市職員になりました。

今年はこんなことに挑戦したい

NMさん

仕事をもっと覚えたい。後輩が来たら、教えられるようになりたい。

KYさん

先輩方からもっと吸収しなければいけないなと思っています。

プライベートでは、バスツアーに行ったことがないので、行ってみたい。

BYさん

今は先輩に頼りきりなので、自分で判断できるようになりたい。

趣味でバドミントンをやっていますが、マラソンにも挑戦したい。

HYさん

営業所で3年目、検針業務にも従事しましたが、もっとたくさんの仕事を覚えたい。

プライベートでは休暇を利用して海外旅行へ行きたい。

MMさん

まだまだ覚えることも多いですが、今年はさらに時間を有効に使い、早く仕事ができるようになりたい。

設計課は残業も多いので、家庭も大事にできるようにがんばりたい。

MRさん

結婚したばかりなので、結婚生活と仕事が両立できるよう、がんばりたいです。

SAさん

安全衛生で4年目。違う仕事にも挑戦したい。

苦手なパソコンをなんとかしたい。ジムに通ってダイエットに挑戦します!

トップページ>名水労ニュース目次>女性組合員

Copyright © 2004-2015 , Meisuiro , All Rights Reserved.