名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>組織集会

分会活動が労働組合の基本

できることからはじめよう

名水労組織集会

世代交代が急速に進み、分会活動の継続が課題となる中、8年ぶりに名水労組織集会を開催し、支部・分会役員、一般組合員含め、80名が参加しました。

冒頭、水谷委員長は「当局など権力側は労働者がバラバラなら怖くない。だからこそ労働組合はみんなで行動する。団結こそが要です。分会は労働組合の基本的単位。分会を強化することが重要」とあいさつ。

丹羽さん(春日井分会)、川井さん(中村分会)が分会活動の実践について講演し、その後分散会で分会活動のすすめ方について議論しました。

参加した中村分会書記長の真野さん、配水分会長の青山さんに感想を伺いました。

参加者全員

多くの人に知ってもらうため、継続して開催を

中村分会書記長の真野さん

久々の組織集会で印象としては、若い役員が多かったと思いました。営業所分会は役員交代が進んでいないためか、参加が少なかったように感じます。

良かったことは、他の職場の現状を知ることができたこと。また、仕事上で名前しか知らずに連絡をし合っていた人や逆に顔しか知らなかった人と話すことができたこと。分散会での議論はもちろんですが、夕食後の交流で様々な話ができたことは本当に良かったと思います。

中村分会では、若い役員も含め、サポートしあいながら活動しています。仕事でも労働組合でも核となる人が職場では必要です。職場で分からないことがあれば、役員に聞く、これが役員を育てます。核となれる人材をどう育てていけるかが課題だと思います。みんなでが給料や休暇・職免などの労働条件を知れば、より良い職場になるのでは。

今後も多くの人に知ってもらえるよう組織集会を継続していくべきだと思いました。

みんなで、団結して頑張ろう

貴重な知識得る良い機会

配水分会長の青山さん

今年から分会長となり、組織集会も組合での泊まり企画も初めて参加しました。ベテラン役員が異動し、引き継ぎが上手くできないまま現在に至っており、分会要求も提出していない状態です。

職場の役員体制でも異動して1年目は免除だったはずが、今は1年目ばかり。

組織集会では分会活動の進め方を学びましたが、もっと詳しく知る必要があります。次の役員への引き継ぎのためにも、私自身は来年も役員を担うつもりです。

分担できるよう分会役員を増やしていく必要があると感じました。

今後は役員経験がある年齢層が多く参加する企画となれば良いと思います。

分科会

 

学習も

 

トップページ>名水労ニュース目次>組織集会

Copyright © 2004-2014 , Meisuiro , All Rights Reserved.