名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>名水労新聞

これからも組合員の切実な声を伝えたい

名水労新聞1500号達成!

名水労新聞が今号で1500号を迎えました。1947年の名水労結成(当時は名市職水道支部)から67年間発行を続けてきました。1500号を記念して、現在紙面づくりを担当している教宣部のみなさんにお話を伺いました。

近藤(教宣部長)

紙面作りの教宣部会の様子

名水労新聞1500号発行時に教宣部長をさせて頂き、誠に光栄に思います。

月3回だった発行が、現在月2回となっていますが、時代に即した情勢や組合員の切実な声を分かりやすく伝えるよう努力していきます。

近年、採用も多くなっているため、若者を紙面に多く掲載していけるようご協力をお願いします。

赤根(教宣部員)

名水労新聞1500号は組合員の長い歴史です。

教宣部員として昨年から新聞づくりに関わり、様々な話題を取り上げてきました。今後、より組合員が紙面に登場できるような、組合員に密接した新聞づくりをしていきたいと考えています。

太田(教宣部員)

新聞づくりを名水労の書記業務として担当しています。

名水労の先輩方が作った運動の歴史を噛み締めながら、今後の新聞づくりに励もうと思います。自治体労組で固い内容が多い新聞なので、4コマ漫画やイラストなどを執筆して頂ける組合員さんを募集しています。

岩井(ホームページ委員)

岩井さん

現在、名水労ホームページを引き続き担当しています。倍率が高くなるのであまり教えたくないですが、名水労新聞の懸賞問題よりも、ホームページクイズは当選確率が高いです。

なぜか応募者が少ないので、何人も再当選しています。携帯からも手軽に応募できますよ。

西中(ホームページ委員)

西中さん

これだけの期間、定期発行を続けられてきた教宣部のみなさんの努力と取材力に敬意を表すとともに、この10年ホームページの作成に携われたことを誇りに思います。

2000号めざして、身近な話題をタイムリーに組合員に提供して下さい。

渡辺(前中央執行委員長)

渡辺さん

名水労新聞1500号の歩みは、組合員の要求実現と労働者が情勢を切り開いてきた歴史です。

紙面に組合員が登場する、職場の写真が載る。仲間が自ら、要求前進のため奮闘する稀有な機関紙です。

共感をつくり出す組合員のオピニオンリーダーとしての発展を期待しています。

名水労新聞:   500号(pdf)   1980年   1月   8日発行

名水労新聞:1000号(pdf)   1994年11月28日発行

トップページ>名水労ニュース目次>名水労新聞

Copyright © 2004-2014 , Meisuiro , All Rights Reserved.