名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>さようなら原発10万人集会

反原発のうねりを肌で感じる17万人集会

7・16さようなら原発10万人集会

7月16日、「7・16さようなら原発10万人集会」が開催されました。名水労からは4名が参加しました。

会場の代々木公園には17万人が集まり、デモ隊が代々木から新宿までの約3`を「原発はいらない」と声をあげながら、2時間に渡り行進しました。

「さよなら原発」と言い続ける元気をもらって

西配水分会:杉本さん

会場を埋め尽くす参加者

立錐の余地もないほど、会場を埋め尽くす参加者

全国から参加した17万人の仲間とともに、「原発いらない!大飯原発再稼働反対!」の声を政府に突き付けてきました。

会場に入るのに30分、出るのに1時間もかかるほどの人でした。その1人ひとりの思いが、手づくりのプラカードやデコレーション、元気いっぱいの輝く顔で分かりました。

会場では呼びかけ人の内橋克人さんが「合意なき国策で日本中に原発を作ったことが問題だ。ハッキリと“さよなら”の声をあげよう」と力強く発言し心に残りました。

皆さんと手をつなぎ、職場から「さよなら原発」と言い続ける元気をもらいました。

反原発の動きを推し進めよう

給排水分会:樋口さん

名水労の参加者

名水労の参加者

渋谷駅からテーマカラーである黄色の列が会場まで続いていました。全国津々浦々、沢山の人が来ていることにビックリしました。

会場では著名人の発言のたびに、参加者から賛同の声があがり、反原発のうねりを肌で感じました。

デモでは、手を振ると振り返してくれ、終わってからは集会をテレビで観て、社会の無視できない動きなんだと実感しました。

会場の全景、人・ひと・ヒト

トップページ>名水労ニュース目次>さようなら原発10万人集会

Copyright © 2004-2012 , Meisuiro , All Rights Reserved.