名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>名水労ニュース目次>空見SRC

全ての処理施設の管理体制は直営で!!

1月25日に汚泥小委員会が再開され、空見SRC(スラッジリサイクルセンター)の稼働等についての提案を受けました。組合側からは、直営管理を念頭に置いた、「汚泥処理場管理に関する要求書」を提出しました。

空見SRCの該当分会である宝神分会では、建設現場の見学を行いながら要求をまとめています。

技術力向上のためにも空見SRCは直営体制で!!(宝神分会)

宝神分会:昨年7月の工事現場見学

空見スラッジセンターは最新の設備の汚泥処理場です。汚泥処理場は焼却炉や汚泥の脱水機に係わる補機も多く、技術の習得・スキルアップに欠かせない職場です。新規施設の獲得は継続した新規採用と各職場の理解が不可欠になりますが、最新の汚泥処理場での技術力の向上が、今後も委託の攻撃から直営職場を守る事に繋がると考えます。

厳しい情勢の中ですが、空見スラッジセンターの業務技師を含めた完全直営管理体制での獲得をめざしていきたいと思います。

  昨年7月の工事風景         今年2月の工事風景

昨年7月の工事風景  今年2月の工事風景

トップページ>名水労ニュース目次>空見SRC

Copyright © 2004-2012 , Meisuiro , All Rights Reserved.