名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>水の政策・話題目次>愛知の会が発足

住民監査請求から住民訴訟へ 500人を越える監査請求人

導水路はいらない!愛知の会が発足

徳山ダムの「導水路はいらない!愛知の会」は、3月1日、桜華会館で発足集会・講演会を開催し、約70名の市民が参加しました。

はじめに準備会が行ってきた活動報告とともに、会則、事務局体制の確認と新たな役員体制を発足させました。

近日中に愛知県への監査請求に続いて住民訴訟が取り組まれる予定になっています。

財政危機ならばなおさら撤退するべき

70名余りが参加した発足集会

愛知の会は、2月17日、愛知県に対して「トヨタすら人員削減する未曾有の財政危機に直面しながら、ムダな事業に県負担の318億円の公金を使うな」と導水路事業から撤退するように申し入れています。

今後は監査請求を行うための監査請求人の募集とともに、住民訴訟を予定しています。監査請求人はすでに400名を超えています。(第1次分として、3月30日愛知県に監査請求書を提出、請求人は554名)

連帯の挨拶をする「長良川市民学習会実行委員会」の武藤さん
「住民訴訟」のポイントを講演する在間弁護士
「木曽川水系連絡導水路の問題点」を講演する伊藤法政大学教授

伊藤法政大学教授の著書

木曽川水系連絡導水路計画の問題点「水資源の欺瞞」

発行所:株式会社ユニテ

トップページ>水の政策・話題目次>愛知の会が発足