名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

名水労の紹介
名水労ニュース
名水労の主張
水の政策・話題
ミニミニ短信
青年女性部
安全衛生
仲間の声
行事予定
リンク集

トップページ>水の政策・話題目次>堀川上流めぐり

木曽川試験導水が浄水場の運転操作に影響

市政ウォッチング:堀川上流めぐり

名古屋ブロック市政ウォッチング第6弾「堀川上流めぐり」が、10月11日、市民など約30名が参加して行われました。水分橋頭首工、御用水跡緑道など堀川の上流を徒歩で探索し、尾張藩時代からの河川行政と歴史を学びました。

上飯田の夫婦橋上流、三階橋ポンプ所前を見学する参加者

最終地点となる北区・猿投橋では、堀川浄化を目的として、木曽川の水が鍋屋上野浄水場を経由して大幸幹線下水道放水口から堀川に放流されています。 この名古屋市の社会実験は、放流量毎秒0.4m3(1日25mプールの100杯分)といわれています。放流操作は頻繁に流量調整する必要があり、これが木曽川取水の運転操作に影響を与えています。

さらに、徳山ダムの水を連絡導水路を使って、堀川浄化に利用する構想があり、水の使われ方では水行政の議論になりそうです。

トップページ>水の政策・話題目次>堀川上流めぐり