名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>ミニミニ短信目次>東海自治体学校

「脱・原発」したドイツに学び

自然エネルギーを活用した社会へ

第40回東海自治体学校

記念すべき第40回目の東海自治体学校は5月18日、名古屋大学で開催され、約300名が参加し、地方自治について学びました。

名水労は「自然エネルギーを考えよう」との分科会を受け持ち、10名の組合員が参加しました。

「自然エネルギーを考えよう」分科会

「自然エネルギーを考えよう」分科会

分科会では、高橋正さん(消費行動ネットワーク代表)が環境問題や自然エネルギーに積極的なドイツの事例を紹介。

日本は世界に約束したエネルギー政策と国内向けの政策が相容れない内容だと指摘。

また、瑞浪超深地層研究の反対運動をしている佐藤久さんから「国は核廃棄物を地層処分する最終処分場にしないと約束しているが、信用できない」などの報告がありました。

トップページ>ミニミニ短信目次>東海自治体学校

Copyright © 2004-2014 , Meisuiro , All Rights Reserved.