名古屋市の上下水道事業に働く自治体労働者で構成する労働組合のホームページです。

トップページ>ミニミニ短信目次>愛知駅伝

町村の部 区間3位、悔しさ残る愛知駅伝

12月1日、愛知万博メモリアル会場で、“愛知駅伝”が開催され、大治町代表として大治分会の梶田さんが走りました。

愛知駅伝は愛知県内の各市町村単位でチームを作り、競う市町村対抗駅伝です。

大治町チームは町村の部16チーム中8位でした。大治町代表としてアンカーを走った梶田さんにお話を伺いました。

大治分会の梶田さん

最後まで力走する梶田さん

最後まで力走

する梶田さん

中高と野球部だったのですが、走る事には自信があり、高校の陸上部の先生のすすめで、大学は陸上に転向しました。

この駅伝大会に向けての選考レースが大治町であり、それに応募して選考レースで勝って選ばれました。

アンカーを走りましたが、タスキを受け取った時は、前のランナーは見えない位置でした。前に誰もいないと自分が早いのか遅いのかも分からず、一人で走っている状態の時は辛かったです。

前のランナーの背中が見えてきたのが中間点くらい。ゴール前であと少しの距離までつめましたが、抜く事ができず悔しさが残ります。

来年の愛知駅伝に、また出場するかは分かりませんが、1月末、名城公園を走る名古屋市職員の駅伝大会があります。そこで良い成績がおさめられるように頑張りたいです。

大治町チームの皆さん

大治町チームの皆さん

トップページ>ミニミニ短信目次>愛知駅伝

Copyright © 2004-2012 , Meisuiro , All Rights Reserved.